日本研究センター教職員紹介

専任教員

青木 惣一 (副所長)

青木写真
青木先生と自転車

センターに来てからもう15年以上経ってしまいました。センターに来たときには、まさに日本語教育の右も左も分からない状態でしたが、当時の先生方、学生のみなさんのお陰で、これまでやってくることができました。本当にセンターに育ててもらった気がしています。

専門は日本語教育、特に語用論、評価、コンピュータ利用学習等に興味があります。とはいっても、実は何にでも興味を持ってしまうタチで、大学の専門は数学(オペレーションズ・リサーチ)、興味は音楽、文学、その後の大学院でも専門は言語学、興味は言語哲学、記号論、語用論といった調子でした。現在でも、どちらかというと何でも屋ですが、最近は時間の有限さを強く意識するようになってきたので、できるだけよそ見をしないでマジメに勉強しなくては、と思っています。

趣味・興味はいろいろです。自転車(MTBで青木ヶ原の樹海を走るのは最高!)、読書(というか単に活字中毒)、映画、機械修理(車から傘まで)、電気(アマチュア無線技師だった)、現代芸術・音楽(昔、本気)、コンピュータ(もう四半世紀のおつきあい)、ビール(最近は量を意識的に減らしています)、ジャズ(学生時代は寝ても覚めてもジャズ)、イタリア料理(下手の横好き)、旅行(最近はなかなか行けない)、セキセイインコ(特に口元がかわいい)等ですが、最近は、昨年生まれた息子「海(かい)」のくるくると変化する表情を見るのが一番の楽しみです。(E-Mail)

秋澤 委太郎

秋澤写真
壁

「あきざわともたろう」と読みます。2003-2004年度から専任教員になりました。どうぞよろしくお願いします。

出身
曽祖父の代から横浜の住民です。中学生時代以来、通ってきた学校や職場は全て東京にあったので、地元横浜のセンターで働けて嬉しい限りです。ああ、近いって素晴らしい(涙)。
修士論文
『「くらい」の用例分析』というタイトルです。『新潮文庫の100冊』というCD-ROMから機能語「くらい」の用例を抽出して、それらを分析しました。成果は、議論の内容そのものよりも、例文抽出とリストアップのための簡単なスクリプト(StuffItアーカイブ(Macのみ)・380KB)をMacJPerlという言語を使って書いたことですね。
Simple KWIC Lister
上に述べたPerlのスクリプトを、やっとSimple KWIC Listerというスタンドアローンのアプリケーションにしました。OS X 10.6以上、Core 2 Duo以降のCPUに対応しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。使い方や機能を紹介した記事も書きました。こちらもよろしければ。
センターでの役割
文学・現代小説の授業を主に担当しています。みんなでいろいろな作品を読んだり、話し合ったりしましょう。日本語で。それから、文学に関する理論的な流行に詳しいわけではないので、みなさん是非わたしに教えて下さい。もちろん日本語で。他には、センターのWebページ(ここ、ここ)の制作や、コンピュータ環境の設定もやっています。センター内でのMacintoshの使用について、何か問題があったらわたしに言って下さい。本を読むこととコンピュータを触ることはわたしの二大趣味でもあります(ニヤリ)。
その他の趣味
登山・ジョギング・ドライブ・旅行・音楽(聴いたり弾いたり歌ったり)。
授業中の脱線
反省しています。

串田 紀代美

串田写真
躍る串田先生
 

松本 隆

松本写真
冬の何か

日本語教師のM君(匿名希望)と、学生時代の友人F君が街で、ばったり会って…

F:あれっ、M? Mじゃない?

M:おっ、F。久しぶり、元気?。

F:ああ何とか。M、今何してるんだ?

M:仕事のこと? 教師をね、ちょっと。

F:そうか。どうだい、最近の高校生は?

M:いや、高校じゃないんだ。

F:中学か、いじめの問題とかで、いろいろ大変だろ?

M:じゃなくて。

F:そうか、小学校の先生か。お前、小学校の教員免許いつ取ったんだ?

M:だから、そういう学校の先生じゃなくて、日本語教師やってんだよ。

F:外国人に日本語を教える、あの日本語教師?

M:その日本語教師じゃないのって、どんなんだよ。

F:そうだよな。で、どこの人に教えてるの?

M:まあ、おもにアメリカ人とカナダ人。

F:…ってことは、英語、上手になったんじゃない?

M:や、あんまり使わないから。

F:なんで?

M:だって、学生はみんな日本語がわかるもん。

F:じゃ、何教えてるの?

M:日本語。

F:でも、みんな日本語ができるんでしょ?

M:まあ、そこそこね。

F:日本語が通じるのに、日本語を教えるってことか。

M:そういうことになるね。

F:うーん、わからなくなってきたぞ。


日本語教師のM君は、こんな奴とともに学生時代を過ごしていたのかと思うと、とても悲しくなるのでした。

大橋 真貴子

大橋写真
穂高
出身
子どもの頃、父の仕事の関係で千葉、青森、神戸などで暮らしました。横浜にはもう20年近く住んでいます。
専門
日本語教育学、政治(国際関係史)
趣味
読書。映画館や美術館に行くこと。山に登ること。
弱点
じゃんけん
何か一言
政治・経済を担当します。質問がある人や、政治や経済について(楽しく)議論したい人は、私の机まで。河童が目印です。

大竹 弘子 (言語課程主任)

大竹写真
カメレオン
専門/興味
大学・大学院の専門は言語学・日本語教育・言語習得理論、この他文学・心理学などにも興味がある。日本語を教える立場になってからは、雑学の大家を目指して何にでも好奇心を燃やしている。
趣味
おいしいものをつくって食べること、飲むこと。ただし片づけは大嫌い。何もしないでボーッとしていること。これは特技でもある。車の少ないところを選んで、周りを見ながらうろうろ歩くこと。このため、亀足という名前が付いている。
弱点
やるときは集中力があるが、基本的には怠け者。そこで、したくないことはなるべくしないで済むようにと努力しているが、なかなかうまく行かない。
何か一言
教師としては厳しいので、鍛えて欲しいと思ったら、どうぞ。また、北アフリカ・中近東のイスラム圏諸国の大学で、日本語を教えてのべ十年近くを過ごしたので、ひと味違った体験談も有り。

佐藤 有理

有理写真
キノコ
出身
東京の西の方(幼少期は東北、九州、四国等)
住みたい街
海があって山があって、ある程度都会
センターでの担当
文化人類学、日本文化論など
いつかはやってみたい趣味
養蜂、サーフィン、パラグライダー
学生に一言
センターにいる10ヶ月間は休日であっても休みはないと思ってください。

佐藤 つかさ (教務主任)

つかさ写真
飛び込み
興味/趣味
歌舞伎。子供が生まれる以前は、毎月歌舞伎座に通っていたほど好きです。 今はなかなか劇場に足を運ぶ時間がとれませんが、年に2、3回、センターで「歌舞伎ツァー」を企画して、自分が見に行くのを楽しみにしています。歌舞伎以外の古典芸能、演劇、ミュージカルなどを見るのも好きです。
水泳
決して運動神経はよくありませんが、水泳は学生時代にやっていたのでちょっと得意です。スキューバ・ダイビングも好きです。今の夢は、イルカと一緒に泳ぐことと、クジラを見ることです。他に、夫につきあってテニスとスキーを時々しますが、こちらは全然上達しません。
子供
女の子が一人います。今、初級日本語の練習中(?)です。 子供向け商品やお稽古ごと、現代育児事情、保育所行政についてなど、子供を持って初めて知ったことがずいぶんあります。子供(幼児)に関する情報には、結構詳しくなりました。
文化
センターでは「文化・社会」という授業を担当しています。マンガ、テレビ・コマーシャル、祭など、いろいろな日本文化を、いろいろな視点から見て、皆でいろいろ話し合う授業です。いろいろすぎて時々困りますが、いろいろ面白いクラスです。

結城 佐織

結城写真
師範
博士論文 「満洲語文語における形態と音韻について ―『満文金瓶梅』を中心に―」
所属学会 日本言語学会、日本語教育学会、日中関係学会、茶の湯文化学会
在外経験 2006年-2011年 中華人民共和国 吉林省長春市
座右の銘 なんとかなる
宝物 自分、二人の甥っ子、経験
自慢 とにかく運と周囲の人に恵まれていること。
将来の目標
  • 茶道で世界中を巡り、国際交流
  • 中国の日本語教師と共同研究などで、日中友好
  • 管理の厳しい、しかし学問に集中できる留学生寮の経営で、社会貢献
  • 合法で得た大金を元手に財団を設立し、優秀な人材に奨学金を提供しまくって、国際貢献

事務局職員

吉田 千絵子、池田 忍、田中 純子

office staff

↑ページ先頭

アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター
E-Mail