アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター レクチャーシリーズ

2020年10月24日(土) 9:00~10:15/日本時間  オンライン講演会

2020年米国大統領選挙と
関係

グレン・S・フクシマ(米国先端戦略研究所上級研究員)フライヤー

米国先端戦略研究所の上級研究員であるグレン・S・フクシマ氏をお招きし、オンラインによる講演会を開催します。日本の政権交代と11月3日のアメリカ大統領選挙が、今後の日米関係にどのような影響を及ぼすのか。米国通商代表部や在日米国商工会議所会頭などを歴任され、長年にわたり日米関係において活躍して来られたフクシマ氏が、政府・ビジネス・政策研究での豊富な経験に基づいて分析します。

グレン・S・フクシマ (Glen S. Fukushima)
米国先端戦略研究所上級研究員。米国カリフォルニア州出身。
スタンフォード大学 (BA)/ハーバード大学大学院 (MA, ABD)/ハーバード・ロー・スクール (JD)。
1985年より米国通商代表部で対日対中政策を担当。日本 AT&T 副社長、エアバス・ジャパン社長、在日米国商工会議所会頭などを歴任し、2012年より現職。
IUC 支援者で構成される IUC Leadership Board の委員を長く勤める。

日 時
2020年10月24日(土)午前 9:00~10:15/日本時間(質疑応答含む)
媒 体
Web会議システム “Zoom” (Zoom の使用が可能な方のみご参加いただけます)
用 語
日本語(通訳なし)
参加費
無料
申し込み
申込みは締め切りました。多数のお申込みを頂きましてありがとうございました。
お問い合わせ
アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター 講演会係
events@iucjapan.org
共 催
アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター (IUC) 、 日本財団

過去の講演

2019年11月15日(金)6:00~7:30pm 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール

宮崎駿の世界-闇の中の光

スーザン・J・ネイピア(タフツ大学教授)  フライヤーpdf

2019年11月発売予定

当代最高のアニメーション監督と言われる宮崎駿氏は、単に優秀なアニメーターであるだけでなく、ストーリーテラーで、ファンタジー世界の創造主として最高位にあり、また熱心な社会批評家でもあります。情熱的で時に激情的なこのアーティストが発信するメッセージは、美的感覚にあふれながらも教訓的で、強い影響力がありますが、それは、宮崎作品が人生を賛美しつつ、現代社会に潜む心の闇や生きることの難しさも表現しているからでしょう。本講演では、こうしたメッセージの出所である彼の芸術と人生の両面を探り、内向的で本好きの若者が20~21世紀の偉大な芸術家の一人となるまでを、日本アニメ研究の第一人者であるネイピア教授がたどります。

スーザン・J・ネイピア ハーバード大学および大学院で学士号・修士号・博士号を取得後、同大学及びペンシルベニア大学、慶應義塾大学で訪問教授、シドニー大学で客員研究員を務める。テキサス大学オースティン校の日本研究教授を経て、現在タフツ大学修辞学教授。日本文学、ファンタジーとアニメ、また映画・アート・文学作品における異文化ファンタジーとSFを専門とする。数多くの記事や論文を執筆。著書5冊のうち、『Anime from Akira to Howl’s Moving Castle, From Impressionism to Anime』 (St. Martin’s Griffin, 2005) / 邦題『現代日本のアニメ「AKIRA」から「千と千尋の神隠し」まで』(中央公論社、2002) 、『From Impressionism to Anime: Japan as Fantasy and Fan Cult in the Mind of the West』 (Palgrave MacMillan, 2007) 、『Miyazakiworld: A Life in Art』 (Yale University Press, 2018)(邦訳近刊)の3冊が日本のアニメを題材に書かれている。ハーバード大学在学中にアメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで日本語を学ぶ。

日 時
2019年11月15日(金) 6:00~7:30pm
会 場
国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
共 催
アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター (IUC) 、 日本財団
協 力
国際文化会館
用 語
日本語(通訳なし)

↑ページ先頭

アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター
E-Mail